英数学館中学校は、全国の小学校6年生・5年生を対象に2023年7月24日(月)から28日(金)の5日間、探究学習型ホリデースクール(in Summer 2023)を行います。
昨年度は瀬戸内の環境問題などをテーマに、国際バカロレアで学んでいる高校生がチューターとなり、5日間の学習や瀬戸内ならではのアクティビティを通じて、プレゼンテーションを行いました。

今回のメインテーマは【フォトアート x 探究型学習】です。

しかも、英語イマージョンで学ぶフォトアートです。
英語ができなくても、興味があればオッケー!
また、今年も瀬戸内ならではのアクティビティも盛り込んで、夏休みの大きな想い出となるホリデースクールです。
▼申込みバナー

※枠に限りがありますのでお早めにお申込みください。

フォトをアートするプロセスを探究型学習の手法で体験!

今年は、英語で学ぶ写真撮影の方法と瀬戸内シューティングです。

国際バカロレア認定校である英数学館中・高等学校の美術教員が、英語イマージョン形式で写真の撮影法を解説します。参加者は英語に慣れ親しみながら、実際に作品を撮影し、作品作りに関するプロセスポートフォリオを作成します。英語が十分できなくても、プロセスポートフォリオの作成は日本語で問題ありません。

プロセスポートフォリオとは、国際バカロレアのVisual Art授業で作成するレポートです。
自分がなぜそのテーマを扱ったのか、作品の制作過程はどのように進めたのか、なぜその色を選んだのか、などを分析し記述します。
これらは本校IBクラスの高校生が実際に作成したプロセスポートフォリオ(レポート)の一部です。

IBのプロセスポートフォリオ 1

IBのプロセスポートフォリオ 2

IBのプロセスポートフォリオ 3

プロセスポートフォリオは、国際バカロレアの美術では必ず作らなくてはなりません。絵の上手・下手は成績とは関係ありません。良い成績に影響するのは、こうした自己分析をしっかりとしたレポートの内容です。探究的な視点を入れて、なぜ自分はこのテーマにしたのか、なぜこの色を使ったのか、この作品で何を表現したかったのか、などを分析しレポートにまとめていきます。
もちろん、今回のホリデースクールで作ったレポート「プロセスポートフォリオ」を夏休みの自由研究にすると一石二鳥に!

「写真にあるようなレポートは書けそうもないなぁ。」と思っても、大丈夫。
本校生徒が作成したプロセスポートフォリオは、IB教育を受けているからこそ作成できます。ホリデースクールみたいな短期間ではなかなか書けなくて当然です。ここでは、将来IBを学びたい、普通の学校とは違う教育を受けてみたい、という思いを体験してもらう機会です。

さらに、ここで作ったプロセスポートフォリオを仕上げて、自由研究にも使っちゃおう!
国際バカロレアの探究的な学習の一部を、ホリデースクールでぜひ体験!!

お申込み
▼申込バナー

本校教育の特徴とは?

国際バカロレアの認定校である英数学館小・中・高等学校の教育は、2つの大きな柱があります。

  1. 英語イマージョンプログラムで英語力育成
  2. 国際バカロレアの探究的な学び

ホリデースクールでは、この教育の柱を盛り込んでいます。

中学校から本格的に英語を勉強しようと思っているのなら、英語を使った授業体験をしてませんか?
英語が話せなくても心配なし!英語に慣れ親しんでいくことが今回の目的です。
IBクラスの高校生ががチューターとなり、参加者が自分のベストフォトを分析してどのようにプレゼンテーションしていくかを一緒に考えていきます。

学習の流れ

今回の学習の流れを説明します。

1.写真の基本


国際バカロレアDPのVisual Art教員が英語で解説し、構図、光の方向、色、ピントなど写真の基本を学習します。
カメラの操作を学びながら、作品を作る方法を学びます。
英語ができなくても、手を動かしながら英語に慣れていくので心配ありません。

2.撮影


カメラの操作を実際に体験して、作品を撮っていきます。
この時、たくさん失敗してください。
試行錯誤しながら、自分が思い浮かべたイメージを作っていきましょう。
たくさん迷って、たくさん撮影して、自分が好きな写真を作っていってください。

3.作品分析


作品を作る時に、こうしよう、ああしよう、と考えると思います。
自分がなぜその色を使ったのか、なぜその構図にしたのか、写真のテーマは何か、などを振り返ってみましょう。
その振り返りを記録していくと、プロセスポートフォリオが完成します。

4.発表


ホリデースクールの最後に、各自プレゼンテーションをしてもらいます。
プレゼンテーションのスライドは、先生やチューターと一緒に作り上げます。
日本語で作っても、英語で作っても、大丈夫です。
これから中学校、高校、大学へと進む中で、プレゼンテーションスキルが高い方が役に立ちます。

ホリデースクールの大きな特徴

本校が主催するホリデースクールには以下の特徴があります。

1)プロセスポートフォリオ作成を通して分析力を磨く

図工や美術の授業は、手法を学んで作品を作り上げて終わりです。
国際バカロレアを導入している本校では、作品の良し悪しだけを評価対象にはしません。
真に評価されるべきものは、技術の巧拙ではなく、なぜそのモチーフ(主題)なのか、どういう考えがあってその色や形や素材にしたのか、この作品を通じて何を表現する意図があったのか、を分析する事になります。
ただ単に「作りたいから作った」ではなく、その背景を言語化することで作品の意図を他者に伝えることで、分析力が磨かれます。

2)自己表現力を身につける

どうやったら自分の伝えたいことが相手に分かってもらえるのか、言語と非言語コミュニケーションを組合わせて伝えていくことが必要。
さらに、デザイン力もまた、言いたいことを伝える効果的な手段ですが、ものすごく優れたデザインは必要ありません。
今ある力でどうやって表現して伝えていくか、回数を積み重ねれば自己表現力が身につけられます。
まずはどうすれば自己表現力が身につくか、を知ることから始めよう。

3)仲間と協働する

授業やアクティビティは、仲間との協働が必要になります。
仲間と協力して、一緒に考えて、形に作り上げていくことは、中学・高校のみならず、長い人生で必要なことです。
ベストフォトを作り上げる過程は、自分ひとりではなかなかできません。
仲間と一緒に技法を学んでお互いに応用し、教えあっていく過程で協働力を身に着けていきます。

4)英語に慣れ親しむ

本校は英語イマージョンを取り入れた授業を展開しています。小学校と中学校では、算数・数学や理科などで英語による授業が導入されています。もちろん、日本語によるフォローもあるので、英語をまだ本格的に始めていない児童生徒でも問題なく授業についていくことができます。
教科書にはない活きたクラス英語に触れることで、実際に英語を使ったコミュニケーションを体験し、そして将来に英語を使う環境で仕事をしていくことなど想像するきっかけになります。

お申込み
▼申込バナー

ホリデースクールについて

下記に、本ホリデースクールの実施事項についてお伝えします。

開催期間

2023年7月24日(月)から28日(金)の4泊5日。

スケジュール

7月24日(月)10:00 英数学館小・中・高等学校集合
7月28日(金)11:00 終了&解散
詳細のスケジュールについては、お申込後にご案内となります。

開催場所

本プログラムは、福山市にある英数学館小・中・高等学校、岡山理科大学、福山市周辺のアクティビティ会場などで実施します。
初日は、英数学館小・中・高等学校に集合します。
最終日は、英数学館小・中・高等学校にて解散となります。

英数学館小・中・高等学校
〒721-8502 広島県福山市引野町 980-1
TEL:084-941-4115 FAX:084-941-4143

岡山理科大学
〒700-0005 岡山市北区理大町1-1
TEL:086-256-8431(庶務部)

福山市周辺のアクティビティ会場
※詳細は別途お知らせします。

対象者

2023年度 小学校6年生および5年生

募集人数

15名
※枠に限りがあるのでお早めにお申し込みください。

募集期間

2023年4月1日(土)から6月30日(金)24:00まで。

参加費用

128,000円(税込)
※本校までの行き帰りにかかる交通費は含まれません。
※振込手数料は振込人のご負担となります。

参加までの流れ

お申込み
▼申込バナー

よくあるご質問

質問 1Q:カメラなどの機材やパソコンは持参する必要がありますか?
A:いいえ、カメラやパソコンなどは本校が準備いたします。

質問 2Q:食事のアレルギーは対応してもらえますか?
A:事前にアレルギーの有無や健康状態について伺います。その上でアレルギー対策をできるだけ行います。

質問 3Q:保護者は参加できますか?
A:プログラムは参加できませんが、最終日のプレゼンテーションには参加いただけます。

質問 4Q:子どもに連絡取れますか?
A:携帯電話を持たせるのは問題ありませんが、参加者の自己管理となります。また、アクティビティなどの合間に連絡をするのは大丈夫です。緊急の場合は、本校担当者にご連絡をいただくことで、お子さまにお繋ぎします。

参加者の感想(回答原文のまま)

Q:参加してどうでしたか?

  • みんなと遊んだり行動したりするところが楽しかった。また英数学館に行きたいと思った。一生懸命英語も頑張りたいと思った。
  • 英数のイマ—ジョンの先生と会話ができて、とても楽しかったです
  • 2日目の海で、初めてクラゲをさわりました。ずっとさわっていると手がヌルヌルになっておもしろかったです。ふつうならクラゲをさわることはないのでいい経験をらしたなと思いました。また、高校生の人と話すことがあまりないので最初はきんちょうしましたがとてもやさしくてうれしかったです。
  • 色んなことが出来て、デニムの工場見学もダイエットになったサイクリングも苦手だったけど高校生の人たち教えてもらって、プレゼンをした事も全部楽しかった!
  • 色んな事が経験出来て良かったです。
  • 初めは緊張したけど、サイクリングも海も楽しかったです。発表はとてもドキドキして、不安だったけど、頑張ることができました。英語がもっと話せるように勉強したいなと思います。
  • 海に行ったり、パフェを作ったり、色んな所に行けたのが、良かったです。学校の行事でコンビニに行けたことが良かったです。新しい友達ができたことが良かったです。1人部屋だと、もっと良かったです。サイクリングは、ロードバイクに乗りたかったです。自由時間が、2時間、欲しかったです。夕飯のホテルのバイキングで、最初は、嬉しかったけど、毎日同じで、少し残念でした。でも、とても楽しかったです。
  • 福山のことや英数学館のことがよく知れて、興味が高まりました。またこのような機会があればぜひ参加したいです。

Q:5日間の感想をお願いします。

  • 寝泊まりが特に楽しかった。(ドキドキ感が)
  • 全員と仲良くなれて充実した5日間でした。とても良い経験になりました。
  • 最初は仲良くできるかなと不安になりましたが、先生方も男子と女子もみんな話しやすくおもしろくて、気づいたら5日間がとても早く過ぎていました。
  • 知らない子もいたけど、友達になれて良かった。ご飯もみんなで食べて良かった。授業も楽しかったです。海でゴミ拾いや稚魚の放流、海でみんなといっぱい遊んで良かったです!行くところでサイフや布に絵をつけたりしたのも楽しかったです!パフェを作り、ホテルのご飯の美味しいかたです。
  • 楽しすぎて終わりたくなかった。
  • リスト6とても楽しかったです。初めて会うお友達とも仲良くなれて良かったです。皆英語が話せて、発表も上手ですごいと思いました。高校生のお姉ちゃんのはるかちゃんは優しくて、英語もたくさん話せて、私もお姉ちゃんのように勉強したいと思いました。またサマースクールに行ってみたいです。
  • 色んなことがあったけど、1番楽しかったのは、サイクリングでした。峠みたいなところで、自転車をこげたことが楽しかったです。尾道から、橋を渡って愛媛に行けることを知りました。次回は、もっと長いウォータースライダーに行きたいです。あと、クラゲが食べたいです。クラゲはあったかいところが好きなんだなぁということも知りました。千光寺のくさり山が楽しかったです。
  • 福山や英数学館にまた行きたくなりました。アクティブティが勉強だけじゃなかったので、飽きることなく楽しい5日間になりました。高校生もやさしく教えてくれたため、とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

昨年実施のホリデースクールの様子





お申込み

▼申込バナー

お問合せ

英数学館小・中・高等学校
〒721-8502 広島県福山市引野町 980-1 TEL:084-941-4115 FAX:084-941-4143